So-net無料ブログ作成
検索選択

クビにする 雇用契約 

ケースとしてクビにするよりも雇用契約の満期で
更新を行わない方が安上がりなこともあります

特に期間契約をしている派遣などに関しては
この選択肢の方が実はよかったという事が多く
急いでクビにしてリスクを背負う方が愚行である
という考え方もできたりします

たしかに直ぐにクビを選んだほうがその時は
間違いなく最安のコストで済むはずです

しかし代償として労務問題などの可能性が上がり
結果として損をすることの方が多い訳です

クビにする カット 

給与や残業代をカットしていき
辞めてしまうよう促すというのはリスクが高く
とんでもない額のコストがかかる時があります

今のご時世残業代請求というのも認知され
弁護士が大々的に宣伝をしている状況ですから
誰でも請求してくると思った方が良いです

そのため変な方法でクビにする事を考えるより
結果として辞めさせ屋などに助力を頼んだ方が
安上がりだったというケースが多いようです

クビにする 支援 

よほど仲の良い士業がいない限りは
特定人物をクビにする支援をしてくれる業者は
辞めさせ屋などの工作業者しかいません

元より親しい士業がいるのであれば
この記事をご覧になることもないでしょうから
後者のケースについて書いていきたいと思います

基本的に辞めさせ屋は上場企業の社長など
あまりにも難易度が高いターゲットでない限り
依頼を受けてくれるところが多いです

とはいえ難易度により成功率は変わりますから
自分の状況だとどうなのかというのは
実際に質問してみた方が良いと思います

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。