So-net無料ブログ作成

クビにする 社労士 

従業員をクビにするなら社労士など
その手の話に詳しい人物に相談した上で
行動に出ると非常にスムーズです

これが勢いの独断で行なってしまうと
後で自分にしっぺ返しが来るもので
あまり得策とはいえないでしょう

第一に考えるべきは利益ですし
それが勢いによって失われてしまえば
誰も得をしない未来が待っています

クビにする 業績 

業績不振で誰かをクビにするのであれば

今この時点で業績に対して割にあっていないこと
そして今までその改善を試みたがダメだったこと

この2点を立証できる記録があることが必須です

そこまでしないと正当な理由なき解雇になり
労務トラブルになった際は企業が負けます

とはいえ記録がなくても方法はある訳で
それが退職勧奨という形になっていきます

相手が退職に踏み切れば良いという話で
今までの業績など順を追って話をしていけば
100%でないにせよ退職する方はいます

で、それでもダメなら次の手順という形で
順を追っていけば良いということですね

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。