So-net無料ブログ作成
従業員をクビにする ブログトップ
前の5件 | -

クビにする 社労士 

従業員をクビにするなら社労士など
その手の話に詳しい人物に相談した上で
行動に出ると非常にスムーズです

これが勢いの独断で行なってしまうと
後で自分にしっぺ返しが来るもので
あまり得策とはいえないでしょう

第一に考えるべきは利益ですし
それが勢いによって失われてしまえば
誰も得をしない未来が待っています

クビにする 有効 

どのようなケースであればクビにするなら
事前の面談はとても有効だといえます

何かしらの理由があるはずですから
それが改善しないならマズイかもしれない

そう伝えるだけでもかなり違います

意思が弱かったり辞めるタイミングを見てる方は
ここで自分から辞めていきますから
色々考える手間も省けるというものです

それでも会社にしがみつくような人間であれば
次を考えていけば良いというだけの話ですね

クビにする 会社側 

会社側としてはクビにするとしても
労使トラブルを起こされるとデメリットが多く
解雇するのを躊躇する傾向にあります

それを逆手にとって傲慢な態度を取る社員も
実際いるようで困った状況なことも多いようです

ですがそれはあくまで解雇する場合の話であって
自主退職にもっていくような役職がいたり
辞めさせ屋などを使ってしまえば良かったりと
そこまで傲慢になれる状況でもなかったりします

クビにする 毎日遅刻 

毎日遅刻するような従業員をクビにするなら
勤怠記録と改善指導の記録があればOKです

単に遅刻ばかりというだけでは難しく
それを改善する為に尽力したという形が残れば
仮に裁判となった場合でも問題ないようです

とはいえ顧問弁護士がいるのであれば
しっかりアドバイスをもらった方がいいですね

クビにする リストラ 

リストラという手段でクビにするには
その前に何個も段階を踏む必要があります

その他の経費削減策をしっかり講じたか
希望退職を募ってリストラをしないで済むよう
対策を練った上での検討か

要するに社会的に致し方ないと思われるくらい
アレコレちゃんとやったのかということですね

これだけいくつもの段階が必要となると
辞めさせ屋を使いたくなる気持も少し分かります

前の5件 | - 従業員をクビにする ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。