So-net無料ブログ作成
検索選択
すぐクビにする ブログトップ
前の5件 | -

クビにする 原因 

原因が何であれクビにする方法はあります

やれ雇用者の保護だとか法的なことはあるものの
企業側にも解雇する権利は存在していますから
それに則って進めていくだけでOKです

しかし急に今日クビにしたいというのは
正攻法ではなかなか難しかったりしますが
辞めさせ屋などに相談して活路を見出してみる
という選択肢もあったりします

どんなことでも絶対不可能というのは
存在しないと思って良いでしょう

クビにする 問題 

クビにする際に起こりえる問題というのは
予め準備をすればするほどリスクを抑えられます

ただ急にクビにしたい状況になると簡単ではなく
準備をするにも限界があるというのが現実ですよね

もっとも自主退社に持っていけるようなケースだと
準備もなにもないような感じではありますが・・・
自分たちで処理しようとなると難易度が高いです

クビにする 経営 

経営的に行き詰まってしまいクビにするのは
法的にも特に問題はありませんが偽ってクビだと
発覚した時にかなりのリスクを負うことになります

クビにするからには人件費がもったいない等
コストを削減したいという考えからくるものですが
辞めさせ屋を使うなどある程度のコストは考えないと
後になって痛い目を見てしまうという訳です

もちろん辞めさせ屋が必須という訳ではありませんが
素人考えでパッと首切りをしてしまうのは
かなりリスキーということです

クビにする 簡単 

役職によっては簡単にクビにすることができず
悶々とした時間を過ごすハメになったりしますが
そういう時は辞めさせ屋に依頼するのがオススメです

自分でどうにかしようと思っても無理な時はあるので
そのような場合に頼るならプロが一番ですから
この手の話なら辞めさせ屋が最も有力となります

時代のせいかは分かりませんが
業者いわく問い合わせは多くなってきているそうで
誰かを辞めさせたいという方は少なくないようですね

クビにする 能力不足 

能力不足を理由にクビにするとしても
1ヶ月前の事前通知が必要になってきますが
通知する際の話し方によって違う流れになります

あくまで圧迫とか脅しをする訳でもなく
直ぐに出ていくメリットが相手にもあるなら
自主退職という選択肢だってあります

解雇ではなく自主退職なら即日でも問題ないですし
そこに双方メリットがあるならなお良しですね

前の5件 | - すぐクビにする ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。