So-net無料ブログ作成
検索選択
クビにする条件 ブログトップ

クビにする 法律 

法律の観点からクビにすることを考えると
30日前に通知するか30日に足りない分の手当で
相手に補償などをするという事になります

とはいえこれはクビにするからであって
自主退社で会社に対して補償を払うというのは
実例をなどを調べても存在しない訳です

だからこそクビにしたいものの
自主退社させようとする訳ですね

クビにする方法 

どんな役職の相手をクビにする方法でも
正攻法か否かの2つに分かれます

こちらから解雇するには正攻法しか取れず
ムリにやるとトラブルになる確率が高いので
よほどの理由がない限りオススメしません

方や自分から辞めるように仕向ける場合
トラブルになる可能性も前者より低くなり
辞めさせ屋などの工作も利用ができます

クビにする条件 

法的にクビにする条件というのは
社会通念上致し方ないと考えられるほど
解雇するに値する理由が必要になります

要するに誰がみてもクビにすべきと
判断してしまうようなレベルという事ですね

ただあくまでこれはクビにする条件なので
辞めさせ屋などに依頼をしてしまえば
あまり関係のない話になってしまいますが

クビにする条件 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。