So-net無料ブログ作成
検索選択
クビにする 理由 ブログトップ

クビにする 業績 

業績不振で誰かをクビにするのであれば

今この時点で業績に対して割にあっていないこと
そして今までその改善を試みたがダメだったこと

この2点を立証できる記録があることが必須です

そこまでしないと正当な理由なき解雇になり
労務トラブルになった際は企業が負けます

とはいえ記録がなくても方法はある訳で
それが退職勧奨という形になっていきます

相手が退職に踏み切れば良いという話で
今までの業績など順を追って話をしていけば
100%でないにせよ退職する方はいます

で、それでもダメなら次の手順という形で
順を追っていけば良いということですね

クビにする 弁護士 

弁護士を連れてこられても問題ないよう
従業員をクビにする為には証拠が大切です

どれだけ遅刻や欠勤を繰り返していたとしても
その改善指導を記録に取らないままクビにすると
こちらが不利になってしまう面倒な世の中です

このような問題に対して指導を行なうことは
大なり小なり当然に行なっているはずですし
それを記録に取っておくことをオススメします

それが今後の為になりますから


クビにする 決意 

理由はどうであれ特定の人物をクビにする
と決意したならとことんやっておくべきです

途中で諦めて泣き寝入りという結末は
目的も達成できてないし今までの苦労は無駄だし
何もしなかった方が遥かにマシな訳です

これでは決意の意味がありませんよね

恨みや復讐は良くないと言われますが
変に我慢したりする方がよっぽど心身に悪いです

クビにする 理由 

クビにするには理由が必要
というのは半分ウソだったりします

もちろん正当にクビにするなら別ですけどね

辞めさせ屋などを利用しているケースだと
正当な理由というのは存在しないものですし
その解雇理由を作ってしまう業者な訳ですから

クビにする 理由 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。