So-net無料ブログ作成
検索選択

クビにする 法律 

法律の観点からクビにすることを考えると
30日前に通知するか30日に足りない分の手当で
相手に補償などをするという事になります

とはいえこれはクビにするからであって
自主退社で会社に対して補償を払うというのは
実例をなどを調べても存在しない訳です

だからこそクビにしたいものの
自主退社させようとする訳ですね

クビにする 問題 

クビにする際に起こりえる問題というのは
予め準備をすればするほどリスクを抑えられます

ただ急にクビにしたい状況になると簡単ではなく
準備をするにも限界があるというのが現実ですよね

もっとも自主退社に持っていけるようなケースだと
準備もなにもないような感じではありますが・・・
自分たちで処理しようとなると難易度が高いです

クビにする 解雇 

同じクビニするにしても事由によって
解雇と自主退職ではその後が大きく変わります

解雇を言い渡すのは簡単ですが
不当解雇といわれ係争に発展する可能性もあり
自主退職なら不服としても一応の納得があります

この違いはターゲットが辞めてから
大きな差となって現れくるものですから
できるだけ自主退職で終わるようにすることが
トラブルの可能性を下げるという事になります

クビにする 経営 

経営的に行き詰まってしまいクビにするのは
法的にも特に問題はありませんが偽ってクビだと
発覚した時にかなりのリスクを負うことになります

クビにするからには人件費がもったいない等
コストを削減したいという考えからくるものですが
辞めさせ屋を使うなどある程度のコストは考えないと
後になって痛い目を見てしまうという訳です

もちろん辞めさせ屋が必須という訳ではありませんが
素人考えでパッと首切りをしてしまうのは
かなりリスキーということです

クビにする 会社側 

会社側としてはクビにするとしても
労使トラブルを起こされるとデメリットが多く
解雇するのを躊躇する傾向にあります

それを逆手にとって傲慢な態度を取る社員も
実際いるようで困った状況なことも多いようです

ですがそれはあくまで解雇する場合の話であって
自主退職にもっていくような役職がいたり
辞めさせ屋などを使ってしまえば良かったりと
そこまで傲慢になれる状況でもなかったりします

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。