So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

クビにする 支援 

よほど仲の良い士業がいない限りは
特定人物をクビにする支援をしてくれる業者は
辞めさせ屋などの工作業者しかいません

元より親しい士業がいるのであれば
この記事をご覧になることもないでしょうから
後者のケースについて書いていきたいと思います

基本的に辞めさせ屋は上場企業の社長など
あまりにも難易度が高いターゲットでない限り
依頼を受けてくれるところが多いです

とはいえ難易度により成功率は変わりますから
自分の状況だとどうなのかというのは
実際に質問してみた方が良いと思います

クビにする 素行 

素行不良を理由にクビにするとしても
その改善指導を行なって治らない場合に
ようやくクビにできるようなものです

とはいえ元々素行不良な訳ですから
このまま治らなかったら辞めてもらうなど
ある程度の面談をして様子見もアリです

治す気がなく辞め時を探っていた人間なら
その場で退職を選んでいきますし解雇よりも
自主退社の方がトラブルにもなりにくいです

クビにする 方法 

こちらからクビにする方法として解雇以外には
全く方法がないということになってしまいますが
向こうから辞めていく流れも検討すべきです

明らかに法に触れる嫌がらせをしろとか
そういうこともありません

あくまで現状の理解などをしてもらった上で
ここに要られないと悟った時に相手は
自ら退職する選択を取るときがあります

解雇は多少なりとも揉めるリスクがあるため
できれば自主退職の方が都合も良いのです

クビにする 原因 

原因が何であれクビにする方法はあります

やれ雇用者の保護だとか法的なことはあるものの
企業側にも解雇する権利は存在していますから
それに則って進めていくだけでOKです

しかし急に今日クビにしたいというのは
正攻法ではなかなか難しかったりしますが
辞めさせ屋などに相談して活路を見出してみる
という選択肢もあったりします

どんなことでも絶対不可能というのは
存在しないと思って良いでしょう

クビにする 有効 

どのようなケースであればクビにするなら
事前の面談はとても有効だといえます

何かしらの理由があるはずですから
それが改善しないならマズイかもしれない

そう伝えるだけでもかなり違います

意思が弱かったり辞めるタイミングを見てる方は
ここで自分から辞めていきますから
色々考える手間も省けるというものです

それでも会社にしがみつくような人間であれば
次を考えていけば良いというだけの話ですね

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。